妊娠・出産

出産入院*あってよかったもの【ベスト10】~2度の出産で実際使ったグッズをご紹介!

こんにちは、3人目妊娠中のワーママ、えみです。

出産準備で早めにチェックしておきたいのが、陣痛・入院時に必要なものですよね。
産院から準備リストが渡されますが、何やら最低限のものしか書いてなくて不安・・・

初産の時にそう思った私は、たくさんの方の体験談を読みました。
そしてあったら良さそうなものは片っ端からつめこみ、「長期旅行ですか?」ってレベルの大荷物!笑

えみ

結局使わないものが多く、そのくせ足りないものがあって困った経験が・・・

2人目出産の際は、初産の反省を活かして本当に必要なものだけ持っていったので、快適な入院生活をおくることができました♪

そこで今回、出産入院で本当にあってよかったもの【10品】を、ランキング形式でご紹介したいと思います!

初めてご出産を迎える方のご参考になれば幸いです。

 

1.出産入院って何が必要なの?

まずは最大の壁である「陣痛」にそなえよう!と思われるかもしれませんが、実は産まれた後もすっっっごく大変なんです!!

もちろん、赤ちゃんに会えて幸せなのですが、同時に体中のあらゆる痛みと戦いながら不眠不休のお世話がつづく・・・

産後の入院生活は、はっきり言って過酷です。

(※ちなみに私は無痛分娩で出産、母子同室のスパルタ母乳指導が有名な産院でした)

そこで、ご紹介する10品は「必要度が高かった順」でランク付けをしました。

具体的には、産後の痛みを和らげてくれたもの → 陣痛時にあって助かったもの → 入院生活であって便利だったもの、という順になっています。

では早速、第1位からご覧ください!

 

2.あってよかったもの【ベスト10】

第1位:円座クッション

最も辛かった痛みが会陰切開の傷でした。麻酔が切れた直後から激痛で、歩くのはもちろん、立つのも、座るのも、横になるのも辛い!!

痛み止めは処方されますが、効果があまり持続せず6時間空けないと次のを飲めません…。

入院中は2~3時間おきに授乳があり、30分くらいずっと座った体勢になるので円座クッションは手放せませんでした。事前に準備しておらず、産院の売店で買ったので高くつきましたが…(泣)

ちなみに、産後1ヶ月間ずっと使っていました。

第2位:メデラ ジェルパッド

次に辛かった痛みが乳頭裂傷でした。最初は赤ちゃんがうまく吸えずに血豆ができたり、切れて血が出たり…授乳の度に激痛が走ります!

ランシノーを塗っても母乳パッドと擦れて痛かったので、泣く泣く助産師さんに相談したところ教えてもらったのがコレ。使い始めてから劇的に改善し、痛みを和らげてくれました!
2人目の時も持って行った必需品です。

ジェルシートを直接肌に貼るタイプで、24時間使い捨てなので結構なお値段しますが…1枚が大きいため4つにカットして使うと節約になります。

第3位:着圧ソックス

出産翌日あたりから足のむくみが酷く、足の甲までパンパンになりました。象の足!?ってレベルです。

分娩後に羊水が外へ出るため体の水分量が激減し、ためこもうとするのが主な原因のようです・・・

入院中ずっと履いてたので、退院する時には少しマシになりました。

ちなみに、会陰痛でソックスを履くのにも一苦労なので、あまり締め付けがきつくないものがおすすめです。

第4位:テニスボール

陣痛時のお助けアイテムとして良く聞くテニスボールですが、本当に効果がありました!!

子宮口4~5cmくらいで痛みが強くなってきてから、麻酔投入までの間ずっと押してもらってました。産院の分娩室にあらかじめ用意されていることも多いので、事前に確認してみると良いと思います。

第5位:ストロー

陣痛中や分娩後、痛みが酷くて起き上がれない状態のとき、ベッドに横になりながら水分補給するのに便利です。

コンビニでもらえる普通のストローや、ある程度の長さがあって先が曲がるタイプなら何でも大丈夫です。

ペットボトルキャップにはめ込めるタイプのものが100均に売っていて便利ですが、形が合う・合わないがあるため事前に確認が必要です。

第6位:スマホ充電器

これは陣痛中も入院中もマストアイテムです。臨月に入ったら常に持ち歩くのが良いと思います。

特に初産は時間がかかることが多く、産まれた直後の赤ちゃんとの写真撮影を逃さないためにも、陣痛中は充電しておくと安心です。

第7位:耳栓&アイマスク

相部屋の場合は必ず持っていきたいアイテムです!

私の場合は4人部屋で、しかも母子同室だったので本当に眠れませんでした
自分の赤ちゃんが2~3時間おきに起きるのに加え、他の赤ちゃんの泣き声も不規則にあちこちから聞こえるので、入院5日間のうち3時間まとまって眠れたのはわずか2回・・・

少しでも体を休めるために、安眠グッズは大切です。ちなみに赤ちゃんの泣き声は高いので、耳栓をしていても近くにいる自分の子のはすぐに気づきお世話に支障はなかったです。

第8位:S字フック

なぜこんなものが必要なの?と思われるかもしれませんが、入院中にあるとかなり便利です!

産後は会陰切開の傷の痛みで、ベッドから起き上がるのが辛い・・・!そんな時、ティッシュやリップクリーム、眼鏡などの身の回り品を小さいバッグに入れ、S字フックでベッドの柵にかけておくと起き上がらずに済みます。

ビニール袋をかけておきゴミ箱にしたりもできるので、2~3個あると良いと思います。

 

第9位:白色ワセリン(ベビーワセリン)

ワセリンの中でも純度が高いもので、赤ちゃんの口回りやおむつかぶれにも使用できます。

それだけではなく、大人のスキンケア・ハンドケアにも使えるので、入院中に1本あるととても便利です。

おむつ替え&授乳の度に手洗いとアルコール消毒をするので、手荒れが酷く保湿がマストでした。

ちなみに、ワセリンには色々種類があり、黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイト、という順で純度が高くなります。
お値段はやや高めですが、新生児にも低刺激でおすすめなのはサンホワイト。色々試してみた結果、一番使い心地が良かったです。

第10位:ふりかけ

病院のお食事は薄味なところが多いですよね。体に良いのは確かですが、産後の疲れには味気なくテンションも下がります・・・

好きなふりかけがあれば、ごはんや、なんならおかずにも混ぜたりできるので便利です。私は個包装のミニパックを持っていき、半分くらい使いました。

 

3.ランキング外だけど、あって良かったもの

  • 骨盤ベルト
    分娩直後の骨盤はゆるゆるで歩くのが不安定でした。ベルトで固定してあげるとシェイプアップにも良いと聞き、入院中は極力付けるようにしました。
  • おしりふきのフタ
    1日に10~15回くらいおむつ替えがあるので、おしりふきに直接貼り付け、ワンタッチで開くタイプのフタがあると快適です。
  • 箱ティッシュ
    母乳を拭いたりするのに結構使います。産院の売店だと高かったりするので、箱で持っていくと便利です。
  • 使い捨てスリッパ
    退院時に捨てていけるので衛生的でした。
  • ビニール袋
    産褥ショーツや授乳ブラなど、シャワーのついでに手洗いすることが多いので、濡れたものを入れたりするのに何枚かあると便利です。
  • クリアファイル
    入院中のスケジュール表やお知らせ、退院時の書類などたくさん渡されます。1~2枚ファイルがあると仕分けできるので便利です。

4.【おまけ】いらなかったもの

  • 汗拭きシート
    分娩直後に使うつもりで持っていきましたが、そんな余裕はなく・・・おしりふきでも代用できます。
  • イヤホン
    母子同室で2~3時間おきに起きるので、ヘトヘトでテレビを見る余裕など全くありませんでした。
  • ミニ置時計
    暗い中で時間を確認することが多いので、スマホで十分でした。
  • 湿布
    無痛分娩だったので筋肉痛が全くなく、結局使いませんでした。
  • まくら
    最長でも3時間しか寝れなかったので、産院のまくらで十分でした。
  • 授乳クッション
    分厚いものを持参しましたが、産院にあるもので十分でした。高さが足りない場合は、下にバスタオルを丸めてひくと良いです。
  • アロマ
    陣痛を和らげるために持っていきましたが、結局使わず。なんなら存在自体忘れてました。
  • うちわ
    これも使う余裕がなかったです。隣であおいでくれる人がいるならあってもいいかも。
  • 雑誌
    陣痛が始まったら活字など読む気が失せます・・・
  • 母乳パッド
    使い捨てを1パック持っていきましたが、母乳が出始めたのは2日目くらいからで、量もそんなに多くなくほぼ使いませんでした。しかも乳頭に傷ができてしまうと擦れて痛いので、布タイプのパッドの方が低刺激でおすすめです。
  • 爪切り
    忘れたけど産院で借りられました。
  • 生理ナプキン
    産褥パッドが配布されたので不要でした。
  • 普通のショーツ
    入院中は産褥ショーツしか使いませんでした。
  • コップ
    ベッドから起き上がるのが辛いので、ペットボトル+ストローが便利です。

以上です。いかがでしたでしょうか?

産院や出産方法によって必要なものも変わってくると思いますが、ぜひ参考にしていただけましたら幸いです♪

-妊娠・出産

© 2021 えみある子育て